MacBook Pro 電源アダプター プラグ部分の故障&修理

MacBook Pro 13インチに付属してきた電源アダプターの調子が芳しくありません。

20150929-1

その症状は、電源が入ったり入らなかったり不安定な状況になり、末期になるとプラグ部分でバチバチ鳴るというもの。接触不良が原因で住居が火災になっても困ります。

この充電器、プラブ部分が90度曲がり収納できる構造になっているのですが、要因として可動部分で接触不良を起こしていることが推測できます。応急処置として下記写真の汎用ケーブル(メガネソケットよ呼ぶらしい)で凌いできました。

20150929-3

破損したプラグ部分を取り外し、汎用ケーブルを装着するとこんな感じ。機能的には問題ありませんが美しくありません。

20150929-8

こんな時は、困った時のAmazon先生。検索ワード「MacBookPro 電源プラグ」で探すと、下記の商品が表示されます。

商品名はApple MagSafe電源用プラグだそうです。類似品が多数販売されているということは、純正品は欠陥を抱えているという証でしょうか。それとも、海外仕様のアップル製品を購入し、日本で使用する際、コンセント形状が異なるため買い足しているのでしょうか?

20150929-9

 

価格は 152円(送料込み)。純正品はプラグのみの販売は無い(各国の電源カプラーをセットにした商品は販売されていました。それでも高い!)ようですし、電源アダプター単体の価格も9000円オーバーと高額。「152円だったら・・・」この金額でダメでも諦められる、と思いポチッ!

到着するまで1週間近く掛かりましたが、入手できました。写真左側が互換品、右側が純正品です。

20150929-5

20150929-4

20150929-6

純正ではありませんが使えそうです。実際に装着してみると、隙間が広くなった気がしますが、OKとしましょう。

20150929-7

 

耐久性などは不明ですが、問題なく使用できます。

保証が切れたユーザーの方は「純正品でないこと」を承知の上、試してみるあると思います。

 

カテゴリー