LP-E6対応USB充電器 KingMa製の検証

Canon LP-E6バッテリーの充電用のAmazonで購入した中華製「KingMaUSB充電器」が到着しました。純正の充電器はAC100~240Vを電力源にしますが、このUSB充電器は商品名からでもわかるようにUSBポートから電力を供給します。そして何より2本のバッテリーを同時充電できることが特徴です。

20151220-03

Wasabi PowerのLP-E6互換バッテリーセットには、AC100~240Vを電力源にする充電電流500mAhの充電器が1つ付属します。Canon純正のLC−E6は最大1,200mAhの充電スペックで満タンになるのに2時間30分かかると仕様に記載されています。卓上計算になりますが、Wasabi Powerの充電器はCanon純正品の仕様と比較すると1本当たりの5時間以上かかる計算になります。2本のバッテリーを充電するのに10時間以上かかってことですよね。これでは撮影現場で素早く充電するという用途には向いていません。

Amazonで価格が安くて2本同時充電できる充電器を探していたところ「KingMaUSB充電器」が使用用途に該当すると判断したわけです。TOMTOPというメーカーのAC電源仕様のデュアルチャンネルチャージャーも発売されていますが、こちらは充電電流が分からなかったので選択肢からパスしました。

価格を度外視すれば、業務用として実績があるIDXの『LS-2A 2ch同時充電器』は、1chあたり最大1.9mAh・平均1.5mAh充電が可能で1本充電時の時間は約100分、2本充電の場合は充電時間が若干長くなるようですが比較的短時間で充電できます。また詳細は不明ですが、ヘーネル『ProCube充電器』なども信頼性が高そうで狙い目です。興味があるひとは比較対象候補に加えてみてはいかがでしょうか?

さて、KingMaUSB充電器の充電時間を検証しましょう。Amazonの商品説明には「各600mAh充電」と記載があります。純正の充電器よりも1本当たりの充電時間は長くなりますが、同時に2本充電できるのなら良しと考えました。しかし、結果は大きく異なるものでした。この検証には、Route Rの多機能USB簡易電圧・電流チェッカーを用いました。

1本だけの充電時間
入力電源約5V、バッテリーが空の状態の初期充電電圧は5Vで1.5mAh前後。仕様の8.4Vに換算すると約900mAhということ?

  • 充電時間 2時間13分
  • 充電容量 2503mAh

充電は一般的なリチウムイオン充電器と同じく、最初は大電流で充電し、満タンが近くなると小電流でチョロチョロ充電する感じです。当初は600mAhで充電されると思っていたのですが、予想に反して充電電圧が高いことが判明しました。その結果、純正の充電器よりも速く充電できます。USB電源(RAVPower 40W 4ポート ACアダプター 急速チャージャーを使用)の性能もあるのかも知れませんが、嬉しい誤算です。

IDXの『LS-2A 2ch同時充電器』の1本充電約100分には及びませんが、2000円以下の値段で135分充電できるのは魅力です。ちなみに入力された5Vは昇圧回路で8.4Vになるようです。

2本同時の充電時間
入力電源約5V。充電電圧はスロット1とスロット2を個別に判別しています。初期の充電電圧は5Vで1.5mAh前後と同じです。ただし充電時間が異なります。

  • 充電時間 スロット1 3時間22分 スロット2 3時間45分
  • 充電容量 4798mAh(2本合算値)

結果は1本充電時よりも充電時間が長くなりました。USBの電流をモニタリングすると2本同時充電時は、電源が完全に独立していないようです。

1本充電時の動作

  • スロット1充電ストップ(電圧チェック)スロット1充電(電圧チェック)ー この繰り返し

2本充電時の動作

  • スロット1のみ充電スロット2のみ充電ストップ(電圧チェック)ー この繰り返し

このような動作をしているので2本同時充電は時間が長くなるようです。

ちなみに、スロットによる充電時間の違いはバッテリー残量が影響していると思われます。また、試しにバッテリー残量がまったく異なるバッテリーを挿入しても、個別に充電電流が管理され適切に充電されているようです。

検証結果
長期的な検証はおこなっていないので耐久性は未知数ですが、電流の流れをモニタリングした感じではリチウムイオンバッテリー用充電器として機能していますので大丈夫だと判断しました。私の使用用途はバッテリーの寿命よりも撮影現場で短時間で充電できることを優先します。純正バッテリーを大切に使い方とは思想が異なります。そのような用途では純正充電器の使用が無難でしょう。

注意点
5V1.6mAh前後の電流が流れますので、USB電源はタブレットなどのモバイル機器対応品の使用が望ましいと思います。ウチではAmazonで扱う「USB充電器 RAVPower 40W 4ポート ACアダプター 急速チャージャー」を用いました。安価なUSB電源は、最大出力が1Ahに満たないものも多いだけに注意が必要です。

 

   

  

 

その他の充電器も載せておきます。ご参考に!

   

スポンサーリンク