NP-FZ100 互換バッテリーがAmazonで販売

α9/α7♯3用バッテリーは、なかなか互換品が販売されませんでしたが、ついに、Amazonで販売開始しました。

FZ100を初採用するα9が登場したのは2017年5月末ですので、解析するのに10ヶ月を要したことになります。互換品がひとつでも登場すれば、売れているカメラの電池だけに、タケノコのように発売されるのではないでしょうか?

20180414_1

 

仕様

  • 2280mAh/7.2V 2個
  • 急速デュアルバッテリー充電器 1個

気になるセット価格は、ちょっぴりお高い8,790円。

充電器はAmazonでも単品販売されている商品がありまして、価格は1,475円

互換バッテリーの単価を計算すると、1個当たりの価格は3,657円になります。

参考までに、Amazonで販売中の純正バッテリーの価格は7,550円です。

約半額の価格が安いのか高いのか!? 性能、残量表示、耐久性は未知数ですが・・・

 

個人的には「あと1ヶ月早く発売されていれば購入していたのに!」と残念な気分になりますが、既に純正バッテリーを2本買い足し、キット付属品を含めると合計3本所有していますので、取り急ぎ必要ありません。

α7M3は、とにかくバッテリー寿命が延びました。仕事でまる1日、かなりの高密度で使いましたが、2本ギリギリで終了。3本目は使用しませんでした。しかし「あと1本残っている」という安心が重要なんですよね。

正直ななはし、一般の方の撮影なら90%以上のケースで1本で足りるはずです。だから、本当の意味で予備バッテリになり、使用頻度は少なくなると思います。中華製だから短期間で容量が70%ぐらいになったとしても、個人的には十分ありだと思います。

まだ予備バッテリーを持っていない人は気になるアイテムでないでしょうか。

 

  

 

カテゴリー