Amazonのデジカメ用格安USB充電器を比較

デジカメ用の予備バッテリーを買い足した場合、複数の充電器が欲しくなりますよね。純正品を買い足すのが確実な方法ですが、けっこう高額だったりして、購入するのを躊躇します。そんな時、リーズナブルな価格で財布にも優しい中華製格安USB充電器の存在が気になります。

Amazonで販売中の2アイテムがこちら。

まずは充電器のまめ知識。

複数本のバッテリーを同時にチャージできる充電器には「順次充電、交互充電、独立充電」の3種類あります。

  • 順次充電=充電機能は1つ。1本ずつ充電、1本目の充電完了後、2本目を充電開始するタイプ。
  • 交互充電=充電機能は1つ。2本のバッテリーを少しずつ交互に充電。同時充電時に時間がかかる。
  • 独立充電=充電機能が2つ。2本のバッテリーを独立して充電。同時充電時の時間が短い。

2本を短時間に充電したい場合は独立充電タイプが望ましいです。2個の充電器で充電するのと同じ効果が得られます。デメリットは消費電力が大きくなるので大容量のUSB電源が必要になります。

充電状況をLED(クリーン=充電完了、レッド=充電中)で表示するタイプ

20180415_1こちらの商品がUSB専用充電器として元祖ではないでしょうか? いろんなブランドで販売されていますが、商品の仕様は同じだと思われます。こちらの商品、2本同時に充電する場合は、交互充電タイプになります。「Aスロットを2秒間、続いてBスロットを2秒間充電」といった感じで交互に充電するので、2本同時に充電すると2倍近い充電時間を要します。メリットは、最大1.6Aぐらいなので、性能の低いUSB充電器でも充電できます。また、1本充電時は速く充電できます。充電完了はLEDの色がグリーンになればフル充電を意味し、この時点で充電は完了します。

特徴

  • 2本同時充電時は交互充電(充電時間が2倍ぐらい掛かる)
  • LEDがグリーンになった時点で充電終了
  • 最大電流値1.6Aぐらい。性能の低いUSB充電器でも対応
  • 1本充電時も最大電流値1.6A程度流れるので急速充電できる

 新興勢力 充電状況を液晶画面で表示するタイプ

20180415_2

こちらは比較的新しい製品で、シェア拡大中のアイテム。液晶画面に充電状況表示される製品です。こちらの充電方法は、2本独立充電です。計測すると1本充電時に1.2A、2本充電時は2.2A程度流れています。上記商品と比較すると、2本同時充電時の充電時間は短くなります。注意点は、最大2.2A流れますので、性能の低いUSB充電器を使用すると、液晶画面が消え、充電できないなど症状が現れます。

Amazonのコメント欄に「液状表示がおかしくなって充電できない、不良品だ!」と書き込みがありますが、これは製品が悪いのではなくUSB充電器の性能が悪いから。メーカーがかわいそうです。ちなみに1A出力のモバイルバッテリーでは2本同時充電できませんでした(1本充電は可能)。

もう一つの注意点は、液晶画面がチャージ完了を示しバックライトが消えた状態でも、実際には微量の充電は続いています。画面表示が消えた数十分後に電流が0になります。液晶画面の充電終了を目安にバッテリを取り外せば、バッテリー負荷は少なくて済むかもしれません。

フル充電したい場合は、USB充電器に表示される電流値が0Aになったことを確認して取り外す。そのまま放置しても充電電流は0Aになるので、過充電の心配はありません。

特徴

  • 2本同時充電時は独立充電(1本でも2本でも充電時間は大差ない)
  • 液晶画面が消えても実際は充電がつづき、その後に終了
  • 最大電流値2.2Aぐらい。2.4A対応のUSB充電器が必要
  • 1本充電時は最大1.2Aぐらい。上記商品にくらべて充電時間が遅くなる傾向
  • 液晶画面が消える場合はUSB電源の容量不足!

20180316_5

個人的には、先日2.4A対応のUSB充電器を購入したばかりなので、2本独立充電可能な液晶付きUSB充電器のポテンシャルを引き出すことができました。今後は液晶付き充電器を購入するでしょう。

価格もリーズナブルなことですし、液晶付きへの買い替えを検討してもいいかな、と思います。

 

 

 

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

認証コード(半角数字で記入してください 漢字はNGです) *

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

カテゴリー