SONY α6400海外発表

ソニーが、APS-Cサイズフォーマットのα6400を海外サイトで発表。跳ね上げ式バックパネルを採用し、ブロガー向けに特化した性能を売りにしているようです。2019年2月、900ドルで発売されるようです。

20190116_1

細かな部分は調べていませんが、画像処理エンジンが新型になり、AF性能が強化されているようです。海外サイトによると「α9用に開発されたAFを改善して搭載した」とのことなので、相当期待できそう。また、瞳AFや顔認識が被写体を見失ったときの持続的なフォロー性能も向上。

SONYの場合、AFについては静止画と動画では別物。動画撮影時のAF性能は、α9でも劇的に向上していませんが、「ムービー撮影時のAFが向上」とありますので期待です。ソニーαの動画AFは、コントラストAFのみの制御でしたが、同機は動画撮影時のハイブリッドAFが可能なようです。

その他、同社APS-Cサイズ機初のHLG採用。4K画質については、従来機は6Kから4Kへの全画素ダウンサイジングは24Pに限られていましたが、α6400は30Pにも対応しているかは不明です。

またα6300や6500は、REC操作に反応が悪く、電源を入れた直後にRECしても録画されないことが多々ありました。この点はどうでしょうか?

残念な点は?

残念なのはバッテリー。FZ100ではなく旧型のFW50。フルサイズのサブにするためには、2種類のバッテリーを用意する必要があり、コストが掛かります。原状、4個のFW50が使わず残っていますが、FZ100に慣れてしまうとFW50搭載機を使う気分には・・・

α7IIIとの併用は?

α7(3世代目)の操作系に慣れてしまうと、α6000系統の操作には戸惑います。とくにAFの切り替えが面倒です。レンズにAF切り替えスイッチが付いていれば問題ありませんが、スイッチの有り無しが混在する環境では、とにかく不便です。バッテリーについても、FZ100だったら、予備バッテリーを共有できますので運用が楽になったのですが・・・

本命は・・・

本命はミニ9と噂されているα7000(?)でしょうか、値段が気になりますね。

ミニ9があまりに高額な場合、α6400がα6500までのレスポンスの悪さなどが改善されていれば、操作性の悪さを我慢して購入するのもアリ?

いやいや、あの操作感には戻りたくないなぁ。

追記 2019年1月16日

α6400に搭載される動画撮影時のコントラストAFは、α9でもファームウエア(Ver.5)を更新することで利用可能になるようです。α7IIIのファームウエア(Ver.3)の更新が控えていますが、この機能の明記がありません(ラプス機能の搭載は大歓迎!)。α6400にα9系の画像処理エンジンが搭載されているのは本当のようですね。

メーカーから公式情報が出ましたが、α7IIIとα7RIIIのファームアップVer.3の内容に、α6400に搭載およびα9に追加搭載される「動画AF撮影時の位相差併用」の記載が有りませんでした!! 動画撮影中のAF性能については「α6400に下克上」され、α7IIIとα7RIIIは1世代遅れになりました。また、今回のファームアップ予告にα9のピクチャープロファイル機能の追加はありませんので、動画機(ボケと高感度は除外して・・・)としてはα6400が最前線になりそうです。静止画撮影をせず、α9やα7III系の操作性を知らない人にとっては魅力的な機種になりそうです。

カテゴリー