eGPUとThunderbolt 3ケーブル

Mac mini 2018とeGPUは、Thunderbolt3ケーブルで接続します。eGPU購入時に付属するケーブルは、おおよそ50cm程度の短いものです。これより長くなると、転送速度が低下(40Gbpsから20Gbps)してしまうからだそうです。

しかし、ケーブル長が50cmでは使い勝手が悪いです。そこで、価格が安くて規格通りの40Gbpsを発揮するThunderbolt3ケーブルを購入しました。長さは50cm、70cm、180cmの3種類。180cmは価格が¥5,000円を超えていたので、50cm(¥2,999円)を選択。

20190203_2

長さ70cm。購入前に問い合わせてみると「40Gbps対応。遅い場合は返品可能」と返事。さっそく購入してみました。結果はOK。

20190203_1

FCPXの書き出し時間も変わりません。耐久性は不明ですが、けっこうおすすめです。

参考までに全長70cmはカプラー本体も含んだ数値で、ケーブル部分の長さは62cmぐらいです。eGPUを机の下(かさ上げした状態)に設置して、デスクの上にMac miniを直置きした状態でケーブルの長さはじゅうぶん足ります。

※参考までに、キット付属のケーブルは、全長50cm、ケーブル部分の長さは42cm程度でした。

 

カテゴリー