SunDisk最新SDカードには専用リーダーが必須!

最近発売されたSunDisk製SDカードExtreme Proシリーズ(写真上)は、最高速度として170MB/sと表記されています。旧製品(写真下)のExtreme Proシリーズには95MB/sと記載されています。

しかし、です。170MB/s対応品を購入しても、転送速度は従来品と大差ありません。最初は「だ・ま・さ・れ・た」と思っていました。

20190915_4
20190915_5

検証データを収集するため手持ちのマイクロSD仕様のExtreme Pro 160MB/sシリーズをいつものSDカードリーダーに挿入してBrack Magic Speed Testで速度測定しました。

20190915_1

読み込み速度:90.2MB/s 書き込み速度:81.8MB/s。UHS-Iとしてはじゅうぶん高速ですし、どのメーカーも高性能モデルはこのぐらいの数値を発揮します。

ネットを検索すると、原因が判明しました。SanDiskの最新SDカード「Extreme Pro 170MB/sシリーズ」のポテンシャルを引き出すためには、専用のSDカードリーダーが必要なのです。専用カードリーダーは海外では販売されているのですが、日本国内では未発売のまま。

しかし、です。この状況が2019年秋から解消。日本でも正規販売されることが決定しました。早く入手したい人は、並行輸入品を購入することで対応できます。

サンディスク SD UHS-I カードリーダー SDDR-C531

20190915_6スペック

  • 超高速のSD UHS-Iカード転送速度に対応、読取り速度: 最大170MB/s。
  • Sandisk Extreme Pro 170MB/sシリーズSDXCカードの速度を体験するため、SDDR-C531のカードリーダーは必要品です。
  • カードタイプ: non-UHS、UHS-I SDHC/SDXCカード
  • インターフェース: USB 3.0 互換性:UHS-IとUSB 3.0との互換性。非UHS SDカードおよびUSB 2.0との下位互換性あり。
  • 対応OS:Windows 7、Windows 8、Windows 8.1、Windows 10、Mac OS X v10.6+

正規品は日本で販売されていない状況なので並行輸入品を購入しました。USB規格は3.0でプラグ形状はUSB-A。スロットはSDカード(UHS-I)用が1つだけのシンプルな作りで、マイクロSDカード用のスロットはありません。マイクロSDカードを使用する場合にはアダプターが必要です。

20190915_6

SDカードを認識すると、ケース本体の白色LEDが点灯します。早速、手持ちのマイクロSD仕様のExtreme Pro 128GB 160MB/sの速度を、Brack Magic Speed Testで計測すると・・・

20190915_7

20190915_3

読み込み速度:153.0MB/s、書き込み速度:96.2MB/sと、スペックに近似した性能を記録。書き込み速度は大差ありませんが、読み込み速度が1.6倍ぐらい速くなりました。高価なUHS-IIを買わなくても、廉価なUHS-IIカード(それほど速くありません・・・)に迫る性能です。驚くことは、Lexar Protessional 1000X SDXC UHS-IIカード(書き込み:75MB/s 読み込み:130MB/s程度です)よりも高速です! Extreme Pro 170MB/sシリーズは、価格が64GBで2000円後半、128MBでも4000円後半で購入できるので、別途専用SDカードリーダーを購入したとしても、コストパフォーマンス的にアドバンテージがあります。

下心を出して従来のExtreme Pro 95MB/s仕様を専用SDカードに刺して速度を計測。速度は変わりませんでした。

20190915_2

Extreme Pro 170MB/s対応のSDカードを所有しているのなら、専用SDカードリーダーは必須です!

20190915_6

つい先日、SunDisk純正のUSH-II対応USB-Cコネクター仕様のカードリーダーを購入しましたが、残念ながら170MB/sには非対応でした。また、USH-I対応USB-A仕様のカードリーダー(シルバーケース)も非対応です。

MacBookProなどで使用する場合は、延長ケーブルを使用すると使い勝手が向上します。USB-A to Cケーブルの延長ケーブルがオススメです。

  

カテゴリー