ZenFone Max Pro M2は充電器を選ぶ

5年ぶりにスマホを交換しました。今回は、FOMAシムの併用や海外旅行で現地SIMを併用するため、2枚のSIMが同時に使用できるDCDV機「ASUS Zenfon Max Pro M2」を選定しました。格安SIMでの運用を前提として、SIMフリーであることはもちろん、ドコモ・au・ソフトバンクの周波数に完全対応できることが決め手になりました。

この機種は、その他にも、トリプルスロット仕様だったり、5000mAhの大容量バッテリーを搭載するなど、実用性重視の装備が満載で、大満足です。

現在、UQモバイスのお試しSIMで動作確認中。充電器は、付属品を使わず、適当なものを使っていたら充電時間が異様に要します・当初は大容量バッテリーだから、と思っていたのですが、それでも遅い。充電器は5V2.4A対応の急速充電タイプだから大丈夫、と思っていたら、そこに落とし穴がありました!

この機種は、急速充電制御に「ASUS BoostMaster」という独自規格を採用しています。この規格は、スマホのCPUに搭載される「Quick Charge2.0」と互換があるとの情報を見かけました。ちなみにASUS Zenfon Max Pro M2に搭載されるスナップドラゴン660は、Quick Charge4.0まで対応できるようですが、Quick Charge2.0相当で運用されている様です。

  • 付属5V2A充電器=
  • ダイソーUSB充電器=
  • Ravpowe iSmart搭載充電器=
  • Ravpowe iSmart2.0搭載充電器=

充電時間は付属充電器が最速で、現在手持ちの充電器はRavpoweのiSmart2.0搭載充電器はそこそこ速いですが、その他の充電器は劇遅です。

Quick Charge対応充電器を所有していないので、新たな充電器を購入することにしました。今回は、Quick Chargeの1.0、2.0、3.0に対応する「ANKER製充電器」を選択。独自規格の「PowerIQ」を搭載するポートも備えており、 Zenfon Max Pro M2の充電環境がどのように変化するか興味津々です。

カテゴリー