GODOX TT350S最新ファームVer1.8で露出アンダー症状が改善

Godox TT350Sは、小型軽量でTTLオート調光でき、価格も安価だったため、発売当初の初期に購入しました。

20200107_1

しかし、です。

TTLオート調光をするとアンダーに映ります。

TT685SはTTLオート調光でも適正に映りますので、TT350Sに本題があると察していました。

Godoxのダウンロードページをチェックすると、新しいファームウエアが発表されていましたが、専用ドライバーが ウィンドウズ用しか用意がなく、Macユーザーとしては敷居が高いため更新を怠っていました。

しかし、TT685SやX-pro Sも最新ファームが公開されていましたので、ブートキャンプを使って更新しました。

20200107_2

TT350S用は、Ver1.8が最新です。

インストールしたところ、露出アンダーの症状が改善しました。いままでのイライラが嘘のようです。

古いファームウエアのままでご使用の人は、面倒ですがVer1.8へアップデートすることをお勧めします。

 

    

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

認証コード(半角数字で記入してください 漢字はNGです) *

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

スポンサーリンク