Godox TT685 TT600 TT350を性能比較した

 

Godoxのフラッシュ・システムは、良い意味で従来までの中華製品のイメージを覆すコストパフォーマンス抜群のブランドとして浸透した印象ですよね。「安価な中華製」のイメージは薄く、多灯システムが組めるシステムといった印象を受けます。

個人的には、最初にTT350Sを旅行用に購入。続いて、TT685SとTT600を買い足し、現在は3台のGODOX製ストロボを所有しています。

多灯フラッシュを楽しむのなら、1つのモデルで統一することで色温度や色被りのバラツキを抑えることができるのですが・・・。いろんな用途に適した製品を選択すると、結果的にバラバラになってしまいました。

TT685S = α7III用 TTL測光(オート)を重視したメイン用に購入

20200115_2

ソニーαシステム用のメインフラッシュとして使用。TTL調光を重視してマルチアクセサリーシュー対応のS専用品をチョイスしました。TT685Sは、シュー部分の材質がプラスチック製なので、強度が弱くて乱雑な扱いをすると安易に破損するのが弱点です。単三電池4本で駆動。

※万が一、シュー部分が破損してもアマゾンで部品のみを購入してDIY修理できます。メーカー保証が切れた場合は、試す価値あると思っています。

TT350S = 旅行や電車移動時の軽量装備(メイン用)として購入

20200115_3

ソニーαシステム用の旅行や電車移動用パッケージング用に使用。TTL調光を重視してマルチアクセサリーシュー対応の専用品をチョイスしました。TT685S同様に、シュー部分の材質がプラスチック製なので、強度が弱くて乱雑な扱いをすると安易に破損してしまうのが弱点です。

小型軽量なのでα7IIIと組み合わすと、小型軽量でありながらフルフレーム撮影できるのでありがたいです。ただし、単三電池2本を動力源にするため天井バウンスを多用するシーンでは光量不足を感じます。

個人的には、マニュアル調光時に「距離の目安が表示されない」仕様なのが扱いづらいですね。実質的にTTL調光専用と割り切って運用しています。

※ファームウエアVer1.8にバージョンアップするとTTL調光時の露出アンダーが解消されますよ。

TT600 = スレーブ専用として購入 ※カメラには装着しない

20200115_1

Xpro Sを用いた多灯撮影専用のスレーブ用ストロボとして購入。シュー部は汎用形状、金属製なので耐久性があります。この点を考慮して「スレーブ専用」と割り切り、「シュー強度の劣るソニー用は避けた方が良い」と判断しました。α7IIIの情報端子を傷つけたくないので、マルチアクセサリーシューへの装着も控えてます。

多灯フラッシュを運用する場合のシステム例

多灯フラッシュの制御は、Xpro Sを基軸に、TT600をAグループ(メイン)、TT685SをBグループ(サブ)を設定したお手軽2灯システム。3灯以上必要な場合は、CグループにX1R N+SB800(またはモノブロック)、DグループにX1R N+SB600(またはモノブロック)、EグループにTT350Sを使用しようと思っていますが、TT350Sの出番はまだ一度もありません。

最近のバージョンアップでID機能が追加されましたが、X1RがID機能に対応していなので使用していません。X1Rを使用しない方は、ID機能を用いることで混信による誤発光を防げるようです。

各製品の基本特性を計測

色温度と色被りを出力ごとに計測 ※SEKONIC C-700(フィルムモード)で計測

TT685S TT600 TT350S
1/1 5112K CCi 2.9M 5224K CCi 2.7M 5343K CCi 1.2M
1/2 5357K CCi 3.5M 5272K CCi 3.5M 5523K CCi 1.8M
1/4 5359K CCi 3.5M 5343K CCi 3.6M 5495K CCi 1.9M
1/8 5349K CCi 3.5M 5399K CCi 3.2M 5540K CCi 1.8M
1/16 5349K CCi 3.7M 5360K CCi 4.0M 5454K CCi 1.6M
1/32 5286K CCi 3.4M 5342K CCi 3.8M
1/64 5296K CCi 3.2M 5233K CCi 3.3M
1/128 5264K CCi 3.1M 5201K CCi 3.0M

距離1mの絞り値(画角24mm iso100)を出力ごとに計測 ※MINOLTA FLASH METRE Vで計測

TT685S TT600 TT350S
1/1 F11.0 4 F11.0 4 F8.0 4
1/2 F8.0 4 F8.0 5 F5.6 3
1/4 F5.5 5 F5.6 4 F4.0 5
1/8 F4.0 5 F4.0 4 F2.8 4
1/16 F2.8 5 F2.8 4 F2.8 6
1/32 F2.0 7 F2.0 3
1/64 F1.4 5 F1.4 2
1/128 F1.0 5 F1.0 6

TT685STT600は、色温度や色被りがほぼ同等の結果。出力も同等なので、多灯フラッシュとして混在させても問題なく運用できることが判明しました。色被りについては、GODOX製品は純正品よりグリーン被りが若干強い傾向です。RAW現像ソフトで、色被り補正を「+5」に調整すると、GODOXの色被りを補正できます。

※TT685SとTT600で人物撮影する場合は、1/8マイナスグリーンフィルターを装着して、マゼンタ被り傾向に補正した方が、肌色の発色が良くなるかもしれません。

TT350Sは、色温度が若干高くて、色被りはニュートラルなので色の正確さはTT600系より上回ると思います。出力がTT600やTT685より最高出力が1絞りほど弱いのでボックスやアンブレラを使用する用途では力不足を感じます。

性能測定を終えた考察

メインのフラッシュは、カメラに装着したTTL調光を考慮して、TT685をチョイス。2台目以降はXproによる無線トリガーを用いてTT685をAグループ、Bグループ以降にTT600を買い足すのが良さそう。

高速チャージのリチウムイオンバッテリータイプもありますが、電源を入れっぱなしによる不意な放電、充電忘れなどのヒューマンエラーを起こすと現場で使えない状況に陥ります。単三電池なら、高出力仕様のエネループ運用を基本に、万が一の時には乾電池をコンビニで入手できるので、個人的には「チャージスピードよりも汎用性重視の電池タイプ」を選択します。

といいつつ、AD200が欲しくなりました(理由は後日公開の記事をご覧ください)。

AD200の色温度や色被りはどうな傾向なのでしょうか? 

 

  

新ブログ「Chan-masa Studio」開設しました。

カメラや映像制作の考察系情報サイト。お時間があれば立ち寄ってください。

20200332_1

https://www.chanmasa-studio.com

関連記事

Godox TT600 でハイスピードシンクロ撮影するための設定

GODOX AK-R1アクセサリーキットの効果は?

GODOXストロボ アンブレラと照射角度の関係は?

GODOX ストロボの照射角度は 皆さんどのように設定ていますか?

Godoxストロボで 擬似スタジオ写真風に挑む!

Godoxのファームウェア更新 ~ためらう理由と対策~

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

認証コード(半角数字で記入してください 漢字はNGです) *

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

スポンサーリンク