GODOX AK-R1アクセサリーキットの効果は?

 

GODOXのクリップオンストロボは、豊富な本体バリエーションのほか、充実したアクセサリーが魅力的です。今回は、AD200 などのラウンドヘッドに対応したアクセサリーキットに注目したいと思います。

AK-R1アクセサリーキットとは

20200120_10

  • 拡散板
  • 可変リフレクター
  • ドーム型ディフューザー
  • スポット
  • バウンスガード
  • ハニカムグリッド
  • カラーフィルタ-ホルダー
  • カラーフィルター プラスグリーン A1/2/3、クリア
  • 収納ケース

基本的には、同社AD200のラウンドヘッド用に開発されたアイテム。対応機種は、AD200、AD200PRO、V1。磁石の力で部品を固定する構造のため、簡単に着脱できます。これら一通りの装備が7500円程度で入手できる、お求め易い価格設定も魅力的です。

20200120_11

また、オプションのS-R1を購入すると、同社クリップオンストロボのV860II、TT865、TT600をはじめ、他社フラッシュにもAK-R1アクセサリーキットにも装着できるようになります。

配光を特性を検証

20200120_1

TT600 フィルターなし

TT600の照射角度を20mm、ディフューザーをONした状態で撮影。横方向ひ広がる配光で、ディフューザーの模様が若干入る。

20200120_2

TT600+ドーム型ディフューザー

ドームディフューザーを装着。4方向に光が拡散し、柔らかい光になる。効果絶大です!

20200120_3

TT600+ハニカムグリッド

ハニカムグリッドを装着することで、照射範囲が狭くなりました。しかし、ハニカムの格子柄が気になります。

20200120_4

TT600+スポット

照射角度が極端に狭くなりました。使い道はありそうです。

20200120_5

TT600+可変リフレクター

ビデオライトのように光をカットしたい部分を遮光できます。ドーム型リフレクターを組み合わすことで光を柔らかくすることもできます。

20200120_6

TT600+バウンスガード

容易に光を拡散することができるバウンスですが、ドーム型ディフューザーの配光を見てしまうと、配光ムラが気になります。

まとめ

お値段以上のポテンシャルです。TT600系ユーザーの方でも、僅かなコストをかけるだけで、V1に匹敵する上質な配光が得られるようになります。また、スポットライトは、演出方法が広がります。

20200120_8

スポットを真上から発光

20200120_9

スポットを正面から発光

ただし、スポットライトやリフレクターは、モデリングライト機能のないTT600などのモデルは、常時光により目視で調整できませんので、試行錯誤が必要です。
  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

認証コード(半角数字で記入してください 漢字はNGです) *

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

スポンサーリンク