SONY NP-FZ100をUSBモバイル電源で充電できるか?

 

デジタルカメラに欠かせない機材のひとつが充電器ですよね。α7IIIなどのカメラは、利益を確保すため充電器が付属しないという残念な状況です。充電器ぐらい標準装備して欲しいものです。少し前までなら、カメラ購入時に購入するのは「液晶フィルム」でしたが、カメラ購入後の使い勝手を考慮すると別途「中華製充電器」を購入する必要があります。

多くの中華製充電器を購入してきましたが、トレンドがあります。入力電源について考察すると、当初はAC100V入力だったものがDC5VのマイクロUSB経由に変わり、最新はUSB-C経由が主流になりつつあります。USB入力場合、AC100入力のUSB充電器から充電するのが定番です。2A以上の高出力タイプを購入すれば、充電時間を短縮することができます。

実は最近、小型軽量のモバイル充電器を購入しました。容量は10400mAh(Type-c 18W)です。FZ100バッテリーの容量は2280mAなので、2回ぐらい充電できるはずです。実験してみましょう!

モバイル電源にUSB電流チェッカーを装着して充電電流と充電時間をチェック!

20200121_1

検証開始

充電開始 1.42〜1.46A USBバッテリー残量「●●●●」
1時間経過 1.42〜1.46A USBバッテリー残量「○●●●」
1時間30分経過 1.35A USBバッテリー残量「○●●●」
2時間経過 0.92A USBバッテリー残量「○○●●」
2時間30分経過 0.57A USBバッテリー残量「○○●●」
3時間経過 0.51A USBバッテリー残量「○○●●」
3時間30分経過 0.37A USBバッテリー残量「○○●●」 この時点でカメラに入れると100%表示されます。
4時間経過 0.27A USBバッテリー残量「○○●●」 実験中止

20200121_2

FZ100をUSBモバイル電源&中華製充電器で充電すると、最後の省電力充電が時間がかかり、3時間30分経過時点でカメラに入れると100%と表示されました。USBモバイル電源の残量は2/4。

そこから30分継続し、4時間経過時点でも終了しなかったので強制終了しました。そのまま放置すれば自動終了するかも知れませんが、過充電の恐れもあるので深追いは回避しました。FW50よりも容量があるので充電時間がかかりますね。

2本目は、フル充電できずに途中停止。α7IIIでバッテリー残量を調べてみると78%まで充電されていることを確認できました。

まとめ

モバイルバッテリーで毎回充電するのは実用的ではありませんが、緊急事態にフル充電できることが判明しました。また、フル充電には結構な時間がかかりますが、「30分だけ置い充電」という使い方なら、けっこう実用的かもしれません。

 

 

関連記事

SONY NP-FZ100用 互換充電器 2020年版 注目の3製品

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

認証コード(半角数字で記入してください 漢字はNGです) *

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

スポンサーリンク