ニコン純正スピードライトをGodoxシステムで使用するための必要機材と設定

 

以前、Godoxのシステムにニコン純正スピードライトを流用する場合、X1R-Nを買い足せばXpro-Sをマスターとしてワイヤレス発光できることを記載しました。マニュアル調光専用(TTL調光は不可)になりますが、TT600のように仕えること記事にしました。

しかし、設定が誤解しやすいのであたらめて解説します。

T1Rは「スピードライトと同一メーカー用」を用意する

基本前提として、X1Rはスピードライトのメーカーに合わします。ご使用になるカメラがソニーでマスターにXpro-Sを使用する場合でも、スピードライトがニコン純正ならX1R-N、キヤノン純正ならX1R-Cを購入します。ストロボの情報線が合致することが重要です。

ニコン純正スピードライトにX1R-Sを組み合わすと、発光しますが情報信号が流れず、Xpro-Sから遠隔による光量調整できなくなります。その場合、光量調節はスピードライト本体で調整しなくてはなりません。面倒ですよね。

スピードライト側は「TTL」に設定する

まずは、Xpro-SとX1R-Nのチャンネルとグループを合わせます。X1R-Nの本体設定は、基本的にチャンネルとグループを合わすだけでOKです。

Xpro-S側設定 モード:マニュアル
ニコンスピードライト側設定 モード:TTL
20200123_5

純正スピードライトは「TTLモード」に設定する

20200123_6

Xpro-S側は「Mモード」に設定する

さきほども述べましたが、ニコン純正スピードライトはTTL対応ですが、Xpro-Sを用いた遠隔調光はマニュアルのみの対応になります。そのため、スピードライト側の設定を「マニュアル」に設定しようと考えますが、「TTL」に合わすのがGodox流の正解になります。

これで問題なく動作するはずですよ。

 

関連記事

Godox TT600 でハイスピードシンクロ撮影するための設定

GODOX AK-R1アクセサリーキットの効果は?

GODOXストロボ アンブレラと照射角度の関係は?

GODOX ストロボの照射角度は 皆さんどのように設定ていますか?

Godoxストロボで 擬似スタジオ写真風に挑む!

Godoxのファームウェア更新 ~ためらう理由と対策~

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

認証コード(半角数字で記入してください 漢字はNGです) *

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

スポンサーリンク