フリードスパイクHV現役オーナーが伝授する 燃費20.0km/L超を引き出す 9の極意【第3回】

 

大げさなタイトルを掲げましたが、フリードスパイクハイブリッド現役オーナーが「燃費20.0km/Lを実現するための方法」を3回に分けてお届けします。今回は最終回のエコ運転実践 後編です。

第1回 車両コンディション編
第2回 エコ運転実践 前編
第3回 エコ運転実践 後編

【省燃費走行の極意6 EV走行編】

EV走行は時速40km以下または停車位置の調整用に活用する

●EV走行は「最長1kmが限界」
EV走行を使いすぎると「充電モードに入り燃費が低下」する

初心者の方の多くが「モーター走行を増やすと燃費が向上する」と誤解されていますが、正確にはエンジンを停止させた時間が長くなるほど燃費は向上します。バッテリー容量の少ないフリードスパイクHVは、EV走行が得意ではありません。満充電の状態でEV走行できるのは1km程度ですし、EV発進もできません。

EV走行は、40km/h程度の市街地を走行する時や、ブレーキング時に惰性が足りず信号手前で止まりそうな時にEV走行を上手に活用しよう。

ただし、EV走行の多用は厳禁です。バッテリー残量が低下するとエンジン走行時に充電モードに入り燃費が悪くなります。充電は減速時の回生で行うように徹底しましょう。

【省燃費走行の極意7 停車編】

信号待ちはアイドリングストップをフル活用 クリープ走行は最低限度に抑える

●信号待ちでは「アイドリンストップ必須」
●発進する直前まで「ブレーキペダル
を離さない」

停車時は、アイドリングストップを必ず効かせます。1分間で14ccのガソリン消費を抑えられます。ECONボタンを押すと、アイドリングストップの時間が延長されるので有効活用しましょう。

また、渋滞時に一度停車したら、クリープで少し進むような走行はエンジンが始動するので控えます

渋滞時にノロノロ運転する場合は、アクセルオンで加速して、アクセルオフで気筒休止させ、惰性で車を滑走させます。アクセルONによる中途半端なノロノロ運転は燃費悪化を招く要因になるので控えましょう

【省燃費走行の極意8 山道走行編】

下り坂はアクセルOFFによる気筒休止で燃費が稼げるボーナスステージ

●下りは「エンジンを全く作動させない意気込み」で走行する

ワンディングの下り坂は、アクセルOFFのまま滑走状態ですべて下り切るぐらいの意気込みで走行しましょう。

中途半端なアクセルONは禁物です。アクセル操作を短時間ですませ惰性で走行します。失速しそうな場合は、EVモードでごまかし、気筒休止のままで速度維持を心がけます。

また、下りで回生ブレーキの効きが強くて失速するする場合、アクセルをわずかに踏むことで「気筒休止状態かつ回生ブレーキ0」の領域に入れることができれば、充電はできませんが、滑走距離を飛躍的に高めることができます。

この走りが徹底できれば、驚くほどの燃費が期待できます! 上り坂は、燃費が悪化するのは避けられません。モーターアシストを効かせて走行するように心がけましょう。

【省燃費走行の極意9 高速道路編】

空気抵抗が最大の敵! 時速80km/hに抑えることで100km/hよりも燃費が2〜5km/L向上する

●高速走行は「重くて空気抵抗の悪いガソリン車」と認識する
●最高速度を80km/hに抑えることで「空気抵抗が低下=燃費向上」

高速道路は、フリードスパイクHVが苦手とする走行です。実質的に、車体重量が重い88馬力のガソリンエンジン車になり下がります。

モーター走行は期待できませんので、定速走行同様、ガソリンエンジンによる20km/Lの燃費を維持できるように走行します。下り坂があれば、アクセルをOFFにして気筒休止により燃料消費をゼロに抑えます。

最高速度を80km/hに抑えることで空気抵抗が低減するので、25km/Lの燃費が射程に入ります。100km/hでクルーズすると燃費は20km/Lまで一気に低下します。

付録 燃費向上に役立つ? マイクロロン メタルトリートメント

燃費向上グッズにオイル添加剤がありますが、基本的には信用していません。しかし、マイクロロンは、ラジコン競技をしていた時、ベアリングに処理するのはエキスパートの間で当然の処理とされていて、恐ろしくフリクションを低減することができます。

マイクロロンは、車のガソリンエンジン用にも販売されています。劇的に燃費が向上するわけではありませんが、メカニカルノイズが低減したり、滑走状態の転がりが良くなることを体感できると思います。

走行距離が5万kmを超え、まだまだフリードスパイクHVを乗り続けようと思っている人は、処理することを検討されても良いかもしれません。

 

第1回 車両コンディション編へ行く
第2回 エコ運転実践 前編へ行く

 

関連記事

フリードスパイクハイブリッド 2020年版 低燃費タイヤ6選

クルマの車内清掃に マキタ充電式クリーナー が大活躍

 

 

スポンサーリンク