Godox TT600でハイスピードシンクロ撮影するための設定

 

Godox TT600を購入して以来、HSS(ハイスピードシンクロ)を使用する機会がありませんでした。で、本日、試しに本体側をHSSモードに設定しましたが、1/250秒以上でケラレが生じ、HSSモードで作動していないことが判明しました。

平行輸入品なので日本語の取り扱い説明書がありません。

いろいろ検索したところ、TT600でハイスピードシンクロを使うための設定や条件が判明しましたのでシェアしたいと思います。

ストロボ本体だけではハイスピードシンクロ撮影できない

TT600でハイスピードシンクロ撮影できる条件

  • TT600でハイスピードシンクロ撮影をおこなうためには、Xproなどの「コマンダー」が必須です。
  • TT600をカメラ本体のアクセサリーシューに装着すると、HSSモードに設定してもハイスピードシンクロ撮影できません。

上記2点が必須です。ハイスピードシンクロできない人は、条件を確かめてみましょう。

TT600とコマンダーの両方をHSSに設定する

TT600をXproで制御する場合、ストロボ側とコマンダー側の両方をHSSに設定するとハイスピードシンクロ撮影が可能になります。下記の手順で設定しましょう。

20200205_1

<MF/H>ボタンを長押しするとHSSモードに切り替わります。再度長押しすると解除できます。

20200205_2

<SYNC>ボタンを押すとHSSモードに切り替わります。再度押すと解除できます。

注意点は、シャッタースピードが1/250秒以下になると「TT600側のHSS設定が強制キャンセル」になります。撮影中に露出調整(シャッタースピードを遅くする)をすると不意にキャンセルされる場合があり、戸惑うことがあります。

まとめ

平行輸入品を購入される方も多いと思われますし、日本語の説明書が付属しませんので「壊れているのでは?」と思いますよね。

上記設定をすればハイスピードシンクロが動作しますので、お試しください。

関連記事

GODOX AK-R1アクセサリーキットの効果は?

GODOXストロボ アンブレラと照射角度の関係は?

GODOX ストロボの照射角度は 皆さんどのように設定ていますか?

Godoxストロボで 擬似スタジオ写真風に挑む!

Godoxのファームウェア更新 ~ためらう理由と対策~

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

認証コード(半角数字で記入してください 漢字はNGです) *

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

スポンサーリンク